元利均等払い

支払い方法

消費者金融や信販会社でキャッシングをすれば、毎月契約で決められた額を支払う義務が発生します。支払い方法は、金融業者によって異なりますが、主な支払い方法は「一括払い」と「分割払い」の二通りに分類されます。

一括払いとは、その名の通り、借りたお金を取り決めされた期限内に全額一括で支払うことです。分割払いはいろんな方式がありますが、主な支払い方法は以下の三通りです。

  1. 元利均等払い
  2. 残高スライド方式
  3. リボルビング払い

元利金等払い

元利金等払いは、毎月一定の支払い額(元金+利息)を支払う方法です。毎月決められた金額なので支払いやすいのが利点ですが、借り入れ金額が多いと利息の占める割合が大きくなってしまい、元本がなかなか減らないというデメリットもあります。

残高スライド方式

残高スライド方式とは、クレジットカードなどは殆どこの方式が採用されており、残高によって段階的に支払い額が変わっていく方式です。利用者にとってはわかりやすい反面、これもなかなか元金が減らないというデメリットを持っています。

リボルビング払い

リボルビング払いとは、毎月あらかじめ指定した一定額を返済してゆく方式です。回数指定の分割払いが各々の件に個別に指定するものであるのに対し、リボ払いでは各々の件に対してではなく残高全体について毎月返済することによって合計残高を減らしていきます。

毎月の支払額が同じであるため、借金をしている気持ちが薄れてしまうデメリットを持っています。必要な時に必要なだけ借りて、ゆとりができればいつでもすぐに返済しておく。これが賢い利用法です。

審査基準

審査方法と審査基準は、各金融会社によって違いますが、相違しますが審査の際、最も重要視される項目は、定期的に一定の収入がある、という項目です。定職に就いているかどうかが一番重要になります。

したがって無職の人はほぼ借り入れは不可能ということです。返済能力があるかどうかを見極める判定基準です。よって審査の際には必ず申請書に記載された勤務先に、本当に勤めているのか否かの目的で、在籍確認をとります。

もしも虚偽の勤務先を記載していれば、その場で却下です。最低でも勤続年数が1年以上でないと消費者金融会社の評価は著しく低くなります。ただし、勤続年数に関しては本人の自己申告以外、裏付けが取り難い為、ほとんどの場合自己申告の勤続年数が採用されます。

したがって、少しくらい大目に書いていたほうが得策でしょう。 最近では大手の消費者金融でも、アルバイトやパートでも審査に通るところがありますが、やはり正社員のほうが審査に通りやすいし限度額も高く設定されます。