カードローン審査

経済を安定化させることは日本経済にとって最も重要な事項です。但し、市場が経済を効率化させ
るといっても、それによって、経済の動きが安定する保証はありません。これまでの経験をみると
、経済活動は循環的な動きを示し、景気のいいときと悪いときが交替で訪れます。

あまりに景気が悪いと失業が高まり、人々の生活が脅かされます。そのような場合には、政府は公
共投資や減税を行って、あるいは世の中のお金の量を増やして、景気を浮揚することを目指します。

逆に経済活動が過度に活発になれば、人手不足や品不足が悪化し、深刻なインフレ発せします。
そうした状況を回避するために、政府は増税を行ったりお金の量を絞ったりして経済活動を抑制
されるでしょう。そうなってしまえば経済が冷え込んでしまってハイパーインフレに陥ってしま
います。

0

景気がおかしくなるということは、例えば、品物の売れ行きが落ちる、客足が遠のく、企業の収益
が悪化する、雇用者が受け取る給料が伸び悩む、失業者が増えるといった状況です。こうした状況
は、しばしば景気後退とか不況、デフレという言葉でも表現されます。

景気がおかしくなったとき、政府はどのようにすべきでしょうか。最も最先端な考え方は、なにも
しなくてよいというものです。景気がおかしくなって品物の売れ行きが落ちても、それで品物の値
段が下がれば、「それなら私でも買える」という人が増えて需要は自然と回復していきます。

また、失業者が増えて人手が余るようになれば、賃金が引き下げられ、企業は雇用を再び増やすか
もしれません。こういった自然循環を経済の自動調節機能と言います。