審査に通る消費者金融一覧

ハテナ

自分が借りれる範囲の中で一番条件の良い消費者金融を選択

審査に通りやすい消費者金融と一口で言っても、申し込む人の状況(借入状況、収入状況)によって基準は異なってきます。借金がゼロの人は大手銀行系のカードローンでも審査に通りやすいですし、借入件数の多い多重債務者の場合はそうもいきません。

消費者金融からキャッシングする上で絶対損をしないためには、自分の借りれる範囲の中で最高の条件を提示する業者を選択するです。条件の良い借入とは、「低金利」「利便性」「信頼性」の三つのポイントになりますが、これをすべて兼ね備えているのは大手銀行傘下のカードローンであることは疑う余地もありません。

しかし、誰もが皆、大手銀行傘下のカードローンを利用できるわけではりません。元来大手消費者金融は三件規制という過剰融資策を講じていたこともあり、借入件数が3件以上ある人への融資は控える傾向にあります。実際、以下の統計表を見れば分かるように、借入件数が2件を超えたあたりから急激に審査の通過率が激減しています。

大手消費者金融の成約率と借入件数の統計

一番借入条件の良い大手銀行傘下のカードローンを利用したいと考えるならば、「現在他の金融業者から借りている件数が3件以内」「現在他の金融業者から借りている総額が年間収入の三分の一以内」「毎月定収のある職に就いている」といった条件に合致すれば問題なく審査に通るはずです。

しかし、上記の条件に合致しない場合か、あるいはすでに大手カードローンの審査に通過しなかった人などは、ワンランク下の中堅消費者金融を選択するしか方法はありません。中堅中小の消費者金融は大手ほど低金利ではありませんが、その分、審査基準が大手より格段に甘いことから、審査に通る確率は高くなります。

一覧表

審査に通らない理由

通常、貸金業者は返済能力があると認めた顧客には一円でも多く貸そうとしてきます。実際、毎月きちんと返済を履行していれば、度々追加融資の案内が届くはずです。しかし、そんな貸金業者であっても、貸したくないタイプの人がいます。そういった人が審査で落とされることになるわけです。

以上は審査に通らない主な理由になりますが、逆に以下の条件を満たしていれば審査には確実に通るということです。自分がどのレベルの消費者金融で借りれるのか正確に把握することが重要なポイントです。

  • 借入件数03件を超えて、尚且つ収入に占める支払い額の比率が高い。
  • 借入総額0借り入れの総額が年間収入の三分の一を超過してしまっている。
  • ブラックリスト0信用情報機関の事故情報(ブラック情報)に登録されている。

信用情報機関の事故情報とは、過去に自己破産等の債務整理をしていたり、毎月の返済を滞納したりしていた場合に登録されるシステムです。この事故情報への登録は、如何に審査基準の甘い消費者金融といえどもほぼ100%審査に通らない程致命的なものなのです。

もしも事故情報に登録されていれば、解除される期間(5年間)まで待つしか方法はありません。

審査に通るためのポイント

基本的に銀行系大手の消費者金融の審査基準は厳しくなっています。大手や準大手は優良顧客を最優先に融資を行っているからです。早い話が、借入件数4件以上の多重債務者や無職には関わりたくないということです。

そこで少しランクを落として、中堅中小零細といった消費者金融を選択することで、審査に通る確率が格段にアップしてきます。そもそもこの種の金融会社は大手カードローンでは審査に通らない人を対象としていますので、余程のことが無い限り、審査に通るはずです。

但し、そういった甘い審査系の金融会社で融資を受けるにあたって、気を付けておきたいポイントがあります。

  • 管轄する都道府県に貸金業認可を受けている業者であること。
  • 上限金利一杯の借入は覚悟しないといけませんが、それ以上の金利は違法。
  • 返済のしやすい業者を選ぶこと。毎月窓口に出向くのは大変な手間です。
  • 自分では融資をしないで他社を紹介して手数料を稼ぐ紹介屋に注意。
  • ガラの悪い社員などがいる業者は回避しましょう。

他にも気を付けるポイントはありますが、概ね上記の項目をチェックしておけば大失敗をすることもないはずです。どこからも借りれない多重債務者を専門に扱う街金などもありますが、そういった業者は危険なので余程のことがない限り、手を出すべきではありません。

消費者金融一覧区切り

無職でも融資可能?

不動産等を担保に融資をする担保ローンとは違い、消費者金融は個人の信用を担保に融資をする無担保無保証人が原則です。したがって、個人の信用がなければ融資は不成立ということになります。個人の信用とは支払い能力のことですが、毎月きちんと定収があるサラリーマンがその対象となります。

また、アルバイトやパートといった収入が少ない場合でも、毎月決まった収入があれば信用はあると見なされます。つまり、毎月決まった収入があってこそ支払い能力が満たされるということで、その決まった収入が無い場合は支払い能力がないと見なされてしまいます。

ある一定の額の不定期収入のある方でも、毎月決まった収入がなければ信用を満たすことは出来ません。自営業の人などはこの部類に入りますが、いくら収入が多いからといっても、信用を得るには、毎月決まった収入が必要になります。

したがって、自営業の人はサラリーマンと比べると審査はより厳格になりますし、提出する資料も多く必要になります。

以上のことを総合すれば、無職の人が借りれるか否かという議論は、端から成立しないことは誰でもわかるはずです。毎月決められた収入がないという以前に、収入そのものがないのですから、もはや議論の余地はないと言わざるを得ません。

融資の申し込みをしたところで、信用情報機関の調査以前に書類提出の段階で却下されることは間違いないでしょう。

無職の人がどうしてもお金を借りたいと思うなら、派遣業者に登録して、とりあえず「無職」という肩書から脱却することです。そうすれば、審査に通る可能性があるでしょう。

違法業者に注意!

どうしても今すぐお金が必要な中で、どこに融資を申し込んでも審査に通らず、途方に暮れてしまっている際、優しく融資の話を持ち込まれれば、人間誰しもその話に飛びついてしまうでしょう。

これは人間の性といっても過言ではありません。どの金融業者に申し込んでも審査に通らないという状況に陥れば、正常な判断が不可能となってしまうのです。

そのような状況下で、紹介屋は上手い手口で忍び寄ってきます。紹介屋は自分では一切融資を行わずに、多重債務者がまだ借りていない消費者金融を紹介し、さも自分が紹介したから審査に通ったかのように偽って、多額の紹介料を請求するピンハネ業者です。紹介料は借り入れ額の30%から50%と言われています。

これは多重債務者が借り入れ審査に通ったのは紹介屋のおかげでも何でもないにもかかわらず、紹介屋に騙されて紹介屋に支払っているのですが、こういった紹介屋の手口は巧妙化し、中には弁護士事務所にカモとなる多重債務者を紹介してもらっているような業者も存在します。

言うまでもなく、こういった紹介屋は金融業者でも何でもなく、完璧な違法業者ですので絶対に引っ掛からない知識が必要です。

こういった違法業者に狙われやすい人については、違法業者のターゲットを参照下さい。

消費者金融の上手な利用方法